BBS Form






プレビュー (投稿前に内容を確認)
  

無題

寒波の襲来が、流れをかく乱して判りにくくなっていますが、東北沖のブロックの境界の広い範囲でひずみが拡がっている様で、福島沖M7前夜とよく似た状況となっています。三陸はるか沖から茨城県沖にかけ注意が必要と思われます。https://youtu.be/PlCCDj-Xgys

無題

福島県沖M7前夜とよく似た状況となっています。宮城県沖から茨城県沖にかけて、更なる注意が必要と思われます。https://youtu.be/GMLOax-FzvA

無題

宮城県沖のプレート境界は特に注意が必要と思われます。https://youtu.be/tNTsPGIPaDo

無題

地下の揺れを詳細に観測できるよう工夫しました。3.11震災の地下の状況が観察できます。
https://youtu.be/d04NZK8AffU

無題

日本地図を45度回転させて、地下の揺れを詳細に観測できるよう工夫しました。熊本地震以降の地下の状況が観察できます。https://youtu.be/PNL3GaGtCA8

無題

東北はるか沖の地底では、大きくひずみが溜まっているようで、冷水塊が急速に発達している岩手県沖のプレート境界に特に注意が必要と思われます。
https://youtu.be/L-PYcpOZjK0
https://youtu.be/izeVQyu-Hlw

無題

30日分の揺れを重ね合わせることで、日本列島の地下に貯まるひずみの観察を試みます。東北地方で、地下深くの広範囲のにひずみの蓄積が広がっている様です。
https://youtu.be/UwwNY9_ukwE

無題

気象庁の震源リストを利用して、地下の揺れの経時変化を2Dで表します。
https://youtu.be/P-n7c0Ma-nk

無題

同じ月齢の日で比較することで地震雲の波動と表面温度の地球規模での周期的な変動の観察を試みます。https://youtu.be/x_xFv4UkzJs

無題

熊本地震発生時と今の状況を示します。茨城県はるか沖に温水塊が広く発達しその領域の上空に真夜中の落雷が常駐し、その地底では大きくひずみが溜まっているようです。福島沿岸の表面水温が低下傾向にあり、特にひずみの溜まりやすいプレート境界に注意が必要と思われます。
https://youtu.be/FDS4umRU7g4